ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

2018年05月

ムツキカっ‼︎『追想のエレジー』が無事公演を終えました。
お越し下さった皆様、ありがとうございました。

IMG_1839

笑いの要素が強めの作品でもありましたが、とにかく正しい笑いの間(ま)を捉えて台詞を発することに集中した舞台でしたね。
笑いをとらねばならない芝居って久しぶりで、生モノならではの面白さ、むつかしさを味わいました。

今作で演じたのが趣味で絵を描いてるという役柄で、スケッチブックに鉛筆でデッサンを描いていました。
初めはリンゴを描いてて、その後、他の人達が会話している間は那須凛さん演じるカスミをスケッチしていました。
お客様の目には触れませんが、毎ステージの数分にも満たない時間で少しずつ描き続けてて、何となく完成したのがこちら。

IMG_1835

描きながら演じるのって結構むずかしいんですよね。
絵に集中しちゃうと自分の台詞のきっかけを逃してしまうので。
ちなみに、お客様の目に触れる見事なリンゴのデッサンは自分ではなくて、花子を演じた栗本佳那子さんによるものでした。

この芝居、毎ステージ、カレーライスをぱくぱく食べていたので、もう当分カレーは食べたくなくなりました。
たくさん食べながら芝居するっていうのも、これまた厄介なものでしたが。


さて、次は国立能楽堂で「平家物語の夕べ」、一日限りのステージで三たび『子午線の祀り』に挑みます。どうぞお楽しみに。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

『追想のエレジー』、本番を来週に控えて稽古を進めてます。
「踊る演劇集団ムツキカっ‼︎」という劇団の舞台です。

劇団名の通り、演劇とダンスが一緒になった舞台です。
念の為断っておきますが、神保は踊りません。
そこはちゃんとしたダンサーの方々がおられます。

タイトルからセンチメンタルな作品のイメージを持たれる人もいそうですが(神保もそのひとり)、いやいや、必ずしもそういうのじゃありません。
じゃあどういうのだ、と思われるでしょうが、そこは観てのお楽しみ、ということで。

この「ムツキカ」のメンバーの長田大史くんと以前共演したご縁で今回出演することになりました。
長田くん以外は皆さん、ご一緒するのははじめましてな方々です。
主役は青年座の期待の若手、那須凛さん。

神保はお話の筋を運ぶ必要もなく、脇道でのほほんといて、ときどき主線を走る皆さんにちょっかい出す、みたいなポジション、かな。
自分に課した努力目標は、「汗ひとつかかずに終演する」。
といっても別に手を抜きたいんじゃ、ないですからね。
むしろ表現としては全力投球系の方が楽なんです。

そうではなくて、今年に入って、若いパワーが迸る、みたいな役どころが続いたので、次はいい加減、若くもなければパワーなんぞ迸らない、ような芝居ができたらいいな、と思ってたんです。

で、今回の役だとそれがやれるかと思ったので、そっちに狙っていってます。
まあ、幕が開くまではどうなるかわからないですけど。
こんなこと言っておいて本番では熱演してたりしてね。

そういうわけで、『追想のエレジー』、24日(木)から27日(日)まで、シアター風姿花伝にて上演してます!



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ