ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

2014年09月

ひっさしぶりに、たっぷりの時間、のんびりの日々。
小劇場で立て続けに4本やるなんざ、なかなかに息つく暇のない6ヶ月間だったわけで。
時間ができたとなれば海外ドラマシリーズが観たい!
てなわけで、

2014-09-26-21-08-40

「ハウス・オブ・カード」シーズン1。
DVDで、イッキ見はもったいないから一日一話ずつ(全13話)観てたんだけど、面白いの!

このドラマ、男性キャストはほとんど中年の、白髪や頭皮の目立つ俳優ばかり。
政界の中枢が舞台のポリティカルサスペンスだからリアルに描けばそうなるんだろうけど、それにしてもまあ、毎回次から次へと登場する中年男性、中年男性、中年男性(でも格好いい)。
「若いイケメンなんぞ出さなくたって、作品の面白さで視聴者は食いついてくる!」っていう製作者の自信が見えるようで、潔し。すばらしい。



すべてにおけるクオリティの高さに毎回唸りまくり。
ケビン・スペイシー演じる主人公はリチャード三世、妻役のロビン・ライトはマクベス夫人を彷彿とさせるキャラクターで、策略、陰謀、駆引きのオンパレード。
続きが気になるなー、この先どんな展開になるんだろうなー。

ってことでシーズン2も観る!
んで、いまは別のシリーズを見始めてます。
アメリカのドラマ面白いよドラマ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

『歌喜劇 おかわりさん』全公演終了しました。
ご来場いただきありがとうございました!
お楽しみいただけましたか?

今回は公演が始まってからの変更が多かったなあ。
開場する前のミーティングで「あそこは変えてみよう」とか「何か別のやり方ないか」って、毎回少しずつ変えたり直したりしてやっていました。
まあ、そうでなくてもいつも何かしら違うことが起きて、皆でそっちに合わせていくので意図してないところでも変わりますけどね。

神保個人としては、人前で歌ったこともないエアロスミスの歌を、まあまあの尺でひとり普通に熱唱するという、改めて考えたらなかなかのことをやったりしてました(こわ)。

2014-09-14-19-38-42
ポップコーンはもうしばらくは食べたかないです…。

次回のマサ子の間男はいつになるかわかりませんが、またいつかやるのでその時にはどうぞよろしくお願いします。

で、もし今回のが面白かったら、どうか友人、知人、家族など周りの人たちに「マサ子の間男っていうヘンな名前の集団があってね」と広めて下さい。
そしたら次回には客席がもっと賑やかになって更に面白い舞台になりますので!


これで舞台はちょっとお休みです。
次にやるのは冬、自分の中では今年の目玉に位置付けている芝居が控えています。
勝負作となりますので、ぜひとも観て頂きたいです。
詳しいことはまた後日お知らせいたします!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2014-07-24-02-47-22

マサ子の間男 presents『歌喜劇 おかわりさん』、公演が始まりまーす。

いやあ、今回もなかなかの茶番っぷりになっておりますよ。
歌ってふざけたかと思えば、ふざけて歌ったりして。

マサ子の間男では笑いになるかシラけるかの微妙なラインを敢えて狙ったりするので、これがどっちに転ぶか、幕が開いてみないとわからない。ドキドキもんです。

お客さんが笑ってくれたらもちろん嬉しいし、見事なまでに外したら外したで逆にこっちが可笑しくなってしまったりするんですが。

あ、あと今回は照明、音響はほとんどないタイプの方の舞台ですよ。
そこのところもどうぞよろしく(?)。

というわけで、今週末は下北沢へ!

公演詳細・チケット予約はこちら

8/31には恒例のツイキャス生配信を行いました。下のリンクから動画をご覧になれます↓
http://twitcasting.tv/masako00105/movie/95815375
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ