ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

2013年06月

image

はい、そんなわけで、リーディング公演の稽古をしてます。

リーディングは客として何回か観たことはあるけど出演は初めてなので、「リーディング公演とは何だ?」てことを考えながら稽古しています。

もちろん表現に正解はないけど、芝居の上演とは別ものであることは確かなので、どういうところが違うのか、そのためにはいつもとは何かを変えるべきなのか、てなことを(マジメか)。

でまあ、今回は「人物を演じる」のでなく「言葉を届ける」ことを主眼にしようという風に思ったわけです。

だって台本持って出てきて読んでたら、どう見たって登場人物ではないわけで。

通常の芝居にはみんなで台本を読み合わせる「読み稽古」というのがありますが、それとも違う読み方で、言葉をシンプルに客席へ届けて、あとは委ねちゃえ、というのを目指してます。

まあ結果的に演じているように見えるかもしれないけど、少なくとも本人は違うことをやっていて、ちょっと新鮮さも感じていたりして。

また、「ただ座って朗読するのでは芸がないから何か趣向を凝らそう」というのが、リーディング公演なのだという(勝手な)イメージがあるんですが、今回の公演も3演目それぞれに違った見せ方をしています。

7月3日からこまばアゴラ劇場で。ぶらりお越し下さい。

『岸田理生を読む。』公演詳細へ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

そんなわけで先の投稿でお知らせしたように、7月は2本の舞台に出演します。

image

ひとつは、岸田理生アヴァンギャルドフェスティバル(通称リオフェス)参加、実験リーディング『岸田理生を読む。』(青蛾館)。

今から10年前に他界した劇作家・岸田理生さんの戯曲三作品を日替わりで読みます。

岸田作品への出演は2002年『身毒丸』(蜷川幸雄演出)以来、11年ぶりの再会。
初めてのリーディング公演、「演じる」でなく「読む」パフォーマンスへの挑戦を楽しんでます。
俳優による朗読と、ミュージシャンの生演奏や歌、そして舞踏家の舞とのコラボレーションによるリーディングです。

『岸田理生を読む。』公演詳細へ

image

そしてもうひとつは、マサ子の間男の新作、歌喜劇『おしりと御飯』。

結成した時から東京以外の土地での公演も目論んでいましたが、今回は初の大阪公演からスタートします(東京公演は8月)。
我々としては初めての本格チラシも制作して気合十分!
チケット予約開始しています!
どうぞお見逃しなく!

歌喜劇『おしりと御飯』公演詳細へ

アツい夏になりそうだ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

マサ子の間男 presents
歌喜劇 『おしりと御飯』


masako_frontmasako_back

創作:福田転球
出演:高木稟、福田転球、松之木天辺、西うらしんじ(研究生)、 シューレスジョー、小林高之、神保良介 / <友情出演> 橋田雄一郎 (大阪公演のみ)

《大阪公演》
2013年7月24日(水)、25日(木) ロクソドンタブラック

 24日(水) 19:30
 25日(木) 19:30

大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-45

loxo

《東京公演》
2013年8月2日(金)〜4日(日) パブ山形(渋谷)

 2日(金)  19:00
 3日(土)  14:00/18:00
 4日(日)  14:00

渋谷区道玄坂1−11−4富士ビルB1F


大きな地図で見る


チケット<全席自由> 予約2500円 当日 2800円
チケット予約開始 2013年6月23日(日)12:00〜



マサ子の間男ホームページ
http://jimi-company.digiweb.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

リオフェス2013
青蛾館・実験リーディング公演
『岸田理生を読む。』
〜前・中・後期傑作戯曲より〜


image

作:岸田理生
構成・演出:青蛾
演出協力:長野和文

出演:野口和彦、伊藤弘子、東野醒子、こもだまり、稲川実加、芹澤あい、高橋雛子、神保良介、尾崎宇内、眞藤ヒロシ、鋤柄拓也、森田祐吏/点滅(舞踏)、高橋理通子(舞踏)/落合敏行(演奏)、高橋祐子(歌・演奏)

2013年7月3日(水)〜7日(日) こまばアゴラ劇場

3日(水) 19:00 『吸血鬼』
4日(木) 19:00 『身毒丸』
5日(金) 14:00 『吸血鬼』 / 19:00 『身毒丸』
6日(土) 14:00 『身毒丸』 / 19:00 『吸血鬼』
7日(日) 14:00 『出張の夜』<千穐楽スペシャル企画>


チケット<全席自由・整理番号付>
・1演目単独チケット
 前売 2800円(学生2300円) 当日 3300円(学生2800円)
・2演目通しチケット
 前売 5000円(学生4000円)
・3演目通しチケット
 前売 7500円(学生6000)

☆☆☆

■シンポジウム「岸田理生の血脈を受け継ぐ者たち」
司会:西堂行人 パネラー:野口和彦、石井飛鳥、梅山いつき
7月6日(土) 16:00◎500円 ※リオフェス関連公演のチケット半券を持参の方は無料

公演終了しました。ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ