ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

2012年01月

雑誌『悲劇喜劇』2012年2月号の「演劇時評」というコラム内で、昨秋に出演したピーチャム・カンパニー『復活』が取り上げられており、小田島恒志さんが神保の演技を褒めて下さっています。

731202

その『復活』のダイジェスト映像を見ることができます。
昨年に引き続き「フェスティバル/トーキョー」公募プログラム参加への応募をするピーチャム・カンパニーの応募動画。



引きの画なので、実際の舞台を観ていない人には何が行われているのか分からないかもしれません。背後の東京タワーも映っていないし。
野外劇の生の迫力を映像にするのは劇場公演の映像化以上にむつかしそうですなあ。

ちなみに、『悲劇喜劇』2月号は唐十郎特集ということで唐さんの年譜が掲載されており、そこにも2009年上演『下谷万年町物語』の出演者として神保の名が載っています。
唐さんの上演史に名前が載るなんて光栄です。
どうぞ書店で見つけたらお手にとってみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

SAKASU ZAKASU『hondana』、全公演終了しました!

初日から楽日まで、客席は連日、満員でした!
たくさんのお客様に観て頂けて嬉しい! ありがとうございました!

DSC_0039
↑ 今回の舞台(松本翠さん美術)。
シーン数が多い芝居で、みんな、舞台裏で早替えがあったり、楽屋に駆け戻ったり、大忙しでした(間違いなく一番大変だったのは一人六役を演じた歌川椎子さんでしょう)。

☆★☆★☆


と同時に、もっともっとたくさんの人に観てほしかったな。
だってね、とっても良かったんですよ、今回の公演は。ホントに。

座組でしょ。
作品でしょ。
お客様の評判でしょ。

こんなにいろんなことがうまくいくなんてこと、滅多にないのですよ。

DSC_0028

まず座組。
チラシの撮影時から感じた、「これはなんだか面白いことになりそうだぞ〜」という予感は見事的中、最高の座組でした。
といっても、皆の息が合ってる、とかそういうことではなく、むしろ相当好き勝手で自由な人間の集まりなんですが(笑)、でも楽しくて楽しくて! いっつも皆で笑ってました。

DSC_0019


もちろん、ただ楽しんで笑ってたわけじゃなくて(当たり前だ)、そのメンバーでの芝居作りが刺激的だからこそ楽しかったんです。

みんなすごいよ。このキャストのひとりに入れてもらえて光栄だよ。
そんなことを、開演直前まで楽屋でくっだらないバカ話に花を咲かせて8人全員で爆笑しながら度々思ってました。

DSC_0015

で、作品。
サブさんの見事な演出で、松坂さんの書いたステキなホンと登場人物たちの魅力が最大限に引き出されて、そこにスタッフさんたちが更に作品の奥行きを与えてくれました。
そして、それをたくさんのお客様が観に来て下さり、そして気に入って下さいました。
こんな充実した公演に出会えるのは、何年かに一度あるかないかです。

神保個人としても、10年以上の付き合いの松坂さんが当て書きしてくれた、小暮仁志という役を、サブさんの演出で更に面白く膨らませ、いろいろ新しい挑戦をさせてもらい、また、新たな課題も頂きました。

DSC_0043
DSC_0044
↑ これが、「変顔バージョン」! 終演後に劇場の出口に貼られていました。

☆★☆★☆


本当に楽しくて幸せなひと月とちょっとでした。
だから終わってしまってなんともさびしい。
もっとやりたかったなあ。またやりたいなあ。みんなで。

もちろんサカスザカスはまた何か、やってくれることでしょう。
神保も、今後も、たとえ出演というカタチではなくても、何かしら関わらせてもらっちゃおうと思ってます(第一回公演から手伝ってますので)。

と、いうわけで、
松坂早苗、春日井静奈の二人の、サカスザカスを今後ともどうぞよろしくお願いします!

本当にありがとうございました!

p20120124-170634
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

sakazaka

サカスザカス『hondana』、無事、初日が開きました。
ありがたいことに初日から満員御礼でスタートすることが出来、また、この先のステージもほとんどの回がチケット完売となりました。
初日のお客様の反応も良く、まだ始まったばかりではありますが、とても幸福な公演です。
どうもありがとうございます。

チケット残席のある回は、
24日(火)13時
24日(火)17時

のみとなっております。<20日13時現在>

これらの回もじきに完売が予想されますので、未予約の方は、どうかお早めにご予約頂くようお願い申し上げます。
他の回は、キャンセル待ちという形で承ることはできます。

チケットご予約ページはこちらから!

★☆★☆


さて、そんな初日に、サカスザカスの二人のうちのひとり、松坂早苗さんは誕生日を迎えました。
場当たり、ゲネプロ、そして本番と、はっきりいってやることがたくさんあって大変な日でしたが、演出サブさんの練り上げたプランのもと、水面下でバースデイサプライズを決行しました!

どんなだったかというと、ゲネプロ終了後、カーテンコール(実はニセ)のケイコをして、そこで軽くひと悶着あり(実は全員による小芝居)、結局松坂さんひとりが舞台上に立ってキャストを呼び込む形のコールをケイコすることにして、呼び込まれたみんながバースデイソングとケーキと共に登場するという、見事なサプライズでした。
ステキな座組みです。ホント。

というわけで、全9ステージのうち、残り8ステ。
客席は満員、あとは我々が期待を超える芝居をお見せするだけです!
どうぞご期待下さい!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

p_1326849736
↑ 劇場の入口には故・原田芳雄さんの直筆が。
本日、2012年最初の舞台、サカスザカス『hondana』、初日!
ありがたいことに、チケット完売の回もすでに出始めています。

20日 19時
21日 13時
22日 13時/17時
〈19日13時現在〉

以上の回は、申し訳ありませんがお席をご用意することができません。ご了承下さい。
また、他の回も残席が少なくなってきていますので、ご予約はどうかお早めにお願いいたします。

さあ、張り切ってやったるぞー!
新宿にてお待ちしてます!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote



サカスザカス『hondana』初日を目前に控えた稽古場は連日通し稽古を行なっており、現場に緊張感が漂ってきました。

しかしそれでも楽しさが尋常でないです。
毎日爆笑するのは当たり前。そのくらいみんなの演技が可笑しいのです。
そこへ、「コメディの演出家として、しっかり笑える作品にする」という福島三郎さんの演出によって、輪をかけて面白くなっています。

ちなみに、神保は演技中にけっこう笑ってしまう方なのですが、これが本番に入ると、どんな突拍子もない面白いことが起こっても笑うことはありません。
ですが、今回の芝居ではもしかしたら舞台上で噴き出すんじゃないかとちょっぴり不安になっています。
なにしろ演出でつけられた自分の演技が可笑しくて自身で笑ってしまうことがあるくらいなのです。

もちろん笑えるだけでなく、昨日も自分が出ていないシーンを見ていて、ジーンと来てました。
そんなステキな作品が出来つつあります。

ホントは「あのシーンでの、あの人の演技が」とか書きたいことはたくさんあるんですけど、やっぱり、まっさらの状態で楽しんで頂きたいので自重して、ただ、
「おすすめの芝居です」
とだけ書いておくことにします。

となれば、たくさんの人に観て頂きたいです。
来週19日から。どうか、お誘い合わせの上、是非、新宿までお運び下さい。
お待ちしております。

チケットご予約ページはこちらから!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

新年明けましておめでとうございます。

no title
↑ 平成中村座越しのスカイツリー。「壽初春大歌舞伎」を観てきました。
初めてのお正月の浅草は、想像以上のものすごい人でごった返してたので、残念ながら浅草寺へのお参りは断念しました…。

昨年がスタートした時も、一体どんな一年になるのか、どんな人たちと出会いどんな作品に出演するのか、全く先が見えない状態でスタートしましたが、結果的に、なかなか恵まれた一年となりました。
願わくば、今年はもっともっと素敵なことがあるように精進します。
まずは、サカスザカス『hondana』から。

2012年もよろしくお願いいたします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ