ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

2010年06月

本日、6月24日。

参院選公示、iPhone4発売、W杯日本戦(深夜だから日付変わってるか)と、平日なのになんだかイベント盛りだくさんな一日です。
ですがねぇ、あっちにとりましてはねぇ(なぜか江戸っ子)、何といっても、この日が30回目の誕生日なのであります。

やったね!!
30th

そんなわけで、これまで30年、生きて参りました。
30年間元気にやってこられたのは、とても幸運で、本当にありがたいことだと思っています。

三十路オトコ。
しっかりしないとね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

スカイツリー?
↑ スカイツリー(中央奥)、見えません。梅雨入りですか。

前回の投稿からしばらく日が空いてしまいました。
いかんですね。ツイッター始めたからですかね。
ブログにはある程度まとまった文章を書かないといけない、みたいな感じがしてしまってて。
でも、twitterとUSTREAMでいま世の中は明らかに変わっていってるぞ、と思います。
こうなってくるとiPhoneを購入したい誘惑に駆られてるんですが、いまは機種変更に違約金が発生してしまうので我慢してます(とりあえず来年までは)。

そういえば、前に書いた『Root Beers』のDVDを観ました。
実は自分の芝居がちゃんと映像に記録されたことって、これまでほとんどなかったのです(蜷川演出作品でも、比較的目立つというかちゃんとフォーカスの当たる瞬間があった『白夜の女騎士』や『お気に召すまま』なんかにはカメラが入っていませんでしたから)。
なもんで、やっぱり自分の演技が気になったりするのかなあ、なんて思いながら観始めたら、意外にそんなことありませんでした。
自身のチェックでなく、作品自体を素直に楽しめました。

ま、2年前の公演なので今更反省の仕様がないですし、何より通常とは似ても似つかない外見(と言動)の役だったので(この芝居の場合、出演者ほとんどがそうなんですが)。
自分によく似た人を見ている、みたいな?
それが面白くてまた見返してしまいました(自分好きか!)。

そんなわけで映像になっても面白いお芝居でした。
DVD(『甘い丘』との二枚組)はKAKUTAのHPから購入できます。よかったらどうぞ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

MJ at Tokyo Tower
先日、マイケル・ジャクソン公式展@東京タワー、遺品展@六本木ヒルズとハシゴしてきました。

正直、それほど話題にもなっていないようだし、特に期待しないで行ったら(失礼)、間違ってました。
行って良かった。

MJがステージで着ていたあの衣裳とか、ショートフィルムで使ってたあの小道具とか、ほかにもいろんな私物もあって、えらく充実しています。

そしてTHIS IS ITで着用するはずだった衣裳の数々も(DVD映像特典で紹介してるやつ)。
あれを着てパフォーマンスする姿が本当に見たかった…。

展示から伝わってきたのは、全てにおいて自分の美学、ヴィジョンを明確に持つ人なのだということ。
そういう人間は格好いい。憧れます。

特にファンの方は是非行ってみてください(六本木ヒルズの方は終了)。

ちなみに今回初めて東京タワーに行きました。
子どもの頃から行こうと思えば行けたはずなのに、なぜだかいままで全く縁がなく、場所もよくわからなかったくらいで。
「わ〜本物だぁ。やっぱりでかいんだな〜」と(観光客か)。
ま、結局、今回も上のほうには行かなかったんですけどね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ