ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

2009年10月

THIS IS IT
観ました。

歌は凄い、ダンスには新しい動きがある、演出は壮大。
なかでも印象に残ったのは、Human Natureのパフォーマンス、格好いいイントロのダンスから始まるThey Don't Care About Us!
映像を交えたSmooth Criminalや3DのThrillerはどんなものになったのだろう。
興奮し、楽しみ、感動しました。

いつもは空いている平日の午後に、たくさんの人が観に来てた。
リハーサル風景が公開されることを完璧主義者のMJは快く思わなかったかもしれない。
けれど、こうして大勢の人たちが楽しみ、感動しているのを喜んだのではないだろうか。

意外なことに最後まで悲しくはならなかった。
スクリーンの中であんなに生き生きと踊り、歌う姿を見て、もういなくなってしまった人だとは思えなかったからかも。

表舞台からは何年も遠ざかっていたけれど、やっぱりバリバリの現役で、天才でプロフェッショナルで努力家で、変わらず格好良くて、やっぱり世界中の期待を上回るものを作り上げていた。
そのことがとっても嬉しかった。

本番では一体どんな凄いステージになっていたのだろうか。
映画を観たすべての人がそう思ってるよ、ありがとうMJ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ピンクのレース
『下谷万年町物語』4ステージ目が終わりました。
みんな疲れていますが、芝居の精度は上がってきているみたい。

今日は一日中天気が悪くて、花やしきは13時で閉園しちゃいましたが、我々はもちろんやりました。
そして無事、準備から終演までやり切りました。大変だったけど。

10月下旬ともなると、だんだんと冷え込みますね。
観劇の際はお手数ですが、防寒対策を万全にしてお越し下さい。

今回、オカマの役を演じていて、女性(またはオカマさん)はいろいろと大変なのだなあ、とつくづく思います。

メイク、衣裳にかける時間がいつもの倍になる。手数が増えるんですよね。
楽屋に戻る度にメイクが落ちていないか入念に確認したりして。
特に口紅がすぐムラになるのは、あれは仕方ないことなのだろうか。

それと単純に、スカートは冷える、ということ。トイレが近くなって困ります。
踵の高い履き物(といってもほんの少しなんですけど)を履いての姿勢や身のこなしに気を遣ったり(まあこれは人それぞれでしょうが)。

まあ、そんなこんなでやってきていますが、ここで3日間の休演日。
やったあ!
やっとここまで辿り着きました。
終日、男でいられるのは久しぶりです! ってなに書いてんだか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

花やしき裏特設テント
無事、初日が開きました!
いやぁ良かった。
全12ステージ走り抜けます!

昔ご一緒した蘭妖子さんと日野利彦さんも観に来て下さいました。
蘭さんにお会いするのは『身毒丸』以来7年ぶりでしたが、覚えてくれてました。

花やしき裏に、上の写真のようなテントがどかーんと建っています。
ぜひぜひ、お越し下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

花やしき前
ご覧のように、花やしきのエントランス横に『下谷万年町物語』の看板が立っています。
ここから右手の道を進んだ花やしきの裏手に、大きな青いテントが建っています。

作者の唐十郎さんを招いての通し稽古(唐さんは稽古後の講評も独特でした)、そしてゲネプロを経て、いよいよ、初日の幕が開きます。
約2ヶ月近い日々をこのために費やしてきたのです。
幸先の良いスタートを切るべく、カンパニー一丸となって頑張ります。

どうぞ、浅草へお越し下さい!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

夜の浅草寺2


初日までの日数が、日々減っていってます(当たり前だ)。

これまでは仮のものを身につけていたのですが、本番用の衣裳やかつらで稽古するようになりました。
素敵な衣裳です。古着屋で見つけたものを基に、衣裳さんチームが改造してくれました。
かつらも意外に見た目に違和感がありません(良い意味で)。
共演者からも「違う人かと思った」なんて驚かれたり。

本日の結論:結構似合っちゃってるんじゃない? (少なくとも自分ではそう思ってる)

ここではそれらを身につけた姿は公開できません(というか、しません)。
是非、浅草でご覧になって下さい。

きっと舞台上に可愛らしい化け物を目撃することでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

長屋
↑ 薄暗くて分かりにくいですが、舞台装置の長屋の一部です。2階建て。ここにたくさんの役者が入居し、下谷万年町を現出させるわけです。
細部にまだまだ作らなければならないところはあるものの、舞台装置も大分、建ち上がりました。

やらなければならない作業量が多いということもありますが、僕のような、このひと月あまりの間にタタキのいろいろをかじってきたのにも関わらず未だに「尺」がどのくらいの長さなのか瞬時に判断できない者にも仕事が任されています。

というわけで、装置の一部となるパーツをいくつか組み立て、客席エリアに敷く平台もの制作を命ぜられました。
手馴れた人がやるのに比べたら、倍なんてものじゃないくらいの時間と手間暇をかけて、それでもなんとか作り上げることができました。

さあ、舞台稽古が開始されます。
そうです。運んだり組み立てたりしていますが、僕は役者なのです。演技を頑張るのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

夜の浅草寺
浅草の花やしき裏に建つテント、その内部の舞台装置もだいぶ完成に近づいてきました。

物を運んだり組み立てたりする日々が続いていたからでしょうか、
「ここ最近でだいぶガタイが良くなったよね」
と周りから言われました。
「いやでもオカマの役で男らしくなっていっちゃまずいでしょ」
と返すと、
「あでも普段の言動が女らしくなってるよ」
とのこと。

僕の体の姿勢やちょっとした仕草や言葉のニュアンスが可愛くなっているのだそうです。
自分でも何となくそんな自覚はあったけれども。

つまり神保は、どんどんごつく、かわゆくなっているのです。
そんな神保のオカマの男娼役をどうぞお楽しみに。

『下谷万年町物語』の詳細はコチラ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

撮影の合間に
今日はなんだか肌寒い日でしたが、それにしてもちょっと厚着なこの一行。
実は、来年あたまに上演する芝居の宣伝用写真の撮影のため。
セーターやマフラーを身に纏った我々は、道行く人の季節感を狂わせたことでしょう。

寺社で撮影したのですが、七五三で着飾った子どもたちが参詣していて、可愛かった。
僕も七五三の時には羽織袴を着せられ、いや着せてもらって、従姉妹と一緒にどこかへ出かけていって写真を撮りましたが、着物は居心地が悪いし、早く終わらないかなと思っていたのを覚えています。
こういうのは女の子の方が楽しんでるんですよね。

この公演の詳細についてはまた近いうちに。

その後、浅草でのテント設営作業に遅れて合流。
横浜でひと通り経験しているので、自分みたいなテント初心者でも少しはてきぱき動けるようになってきた、か?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

浅草朝
『下谷万年町物語』の一行が、いよいよ浅草へやってまいりました。

本日はテント資材や舞台装置、衣裳、小道具などなどの搬入。
なんとトラック4台分! 芝居のスケールの大きさを物語っているようです。

浅草でお芝居、というと、過去には浅草公会堂で全国座長大会、木馬亭で新宿梁山泊の公演(これも唐十郎さんの作品でした)、そして浅草寺での平成中村座公演の3本を観ています。

歴史的には劇場が立ち並んで舞台がとても盛んであった街ですが、僕の中では、浅草はあまり演劇と結びつくイメージがありませんでした。
そこで芝居に出演できることになるとは。

独特の雰囲気があって、行き交う人たちも、例えば新宿や渋谷などとは感じが違うし、魅力的な街です。
今日から約ひと月、浅草通いが始まりますが、公演会場の花やしき裏に向かうにも、毎回違う道を通って、この街を楽しもうと思います。

さあ、明日はテントの設営です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

唐ゼミ☆テント

前回は唐組の紅テントの写真を載せましたが、こちらは『下谷万年町物語』を上演する唐ゼミ☆のテント。

舞台用にひとつ、客席用にひとつ。
ふたつのテントを繋げて建ててあります。
だからテントといえども奥行きはかなりのもの。
中には二階建て長屋の装置が建てられています。
だからテントといえども高さはかなりのもの。

意外と想像していたよりもやり易かったこの空間で、現在稽古しています。
テントでの演技にもだいぶ慣れてきました。

でも折角建てたこのテント、明後日には解体して浅草に運んで再び建てます(また大変そうだなぁ……)。

閑静な横浜国大内でやるのと、浅草の街中でやるのとでは、空気も、周囲から聞こえてくる音なんかも全然違ってくるのでしょう。
それが芝居にどういう影響を与えるのか、楽しみであり、すこし不安でもあります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ