ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

2009年02月

という間に1週間が経ってしまいました。
今週を振り返っても、芝居の稽古以外、特になにもなく。
「リズム天国ゴールド」も今週は全然やらなかったなあ。でもメダル全50枚ゲットはすでに達成しました(知らない人には全く分からない話題ですみません)。

あ、アカデミー賞授賞式を見たか。
故ヒース・レジャーの助演男優賞受賞に喜び、日本映画の受賞に興奮しました。
過去の演技部門の受賞者5人が登壇して、それぞれ候補者を1人ずつ紹介していく新スタイルは素敵だな。
『スラムドッグ$ミリオネア』、『ミルク』、早く観たい。

話を稽古に戻して。
本日、初めての通し稽古をしました。
けっこう激しい芝居なので、終わったらもっとくたくたになるもんだと思ってたら、意外に余力が残ってた。
連日の激しい稽古で、スタミナがついたのかしらん。

来週木曜より公演が始まります。
演劇の神様に微笑んでいただけるよう取り組んでおります、
ぜひぜひ、劇場まで足をお運び下さい。
お待ちしております。
≪『カラス』の詳細はこちらへ≫
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

高円寺にて

気がつけば、『カラス』初日まであと1週間半。しっかりやらんと。

≪『カラス』の詳細はこちらへ≫

今回の芝居、脚本の清末浩平さん、演出の中野敦之さん共に、僕と同い年。

これ、自分の中では新鮮なんです。

どうしてかっていうと、自分より年上の作家、演出家の方たちとばかりご一緒してきて、同い年とか年下の人とやったことがなかったんですね。

以前から同世代の作家や演出家とやってみたいなとは思ってました。
もしかしたら、同世代ならではの共有感覚みたいなものが芝居に汲み取られるんじゃないかな、なんて。

実際のところどうなるかは仕上がってみないと分かりませんが、そうなったら面白いだろうな、と。
そんなことをたまに思いながら稽古しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

リズム天国
てなわけで、今月は、3月にやる芝居の稽古中です。

≪芝居の詳細はこちらへ≫

2月の真ん中で全体の中でここらが稽古の折り返し地点。
シーンも全体の半分を超えたところまで進んでて、いいペースかな。

新たなシーンの台本がどんどん上がってくるので、順次、台詞を入れてプランを立てて、で稽古場に行って、っていう日々。

息抜きにはDSの「リズム天国ゴールド」で遊んでます。楽しいっ!!
いい気分転換になってます。
ミスしても愉快な演出がにくい。
ちなみにお気に入りはケロケロダンスです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

エスカレーター
(↑どういう意味があるんでしょうね、この階段とエスカレーターの組み合わせ)

駅前でパンフレットを配布している人たちがいて、僕にも渡そうとするから見たら、「受験生のみなさんへ」と書かれていた。
いくらなんでもそんなに若くは見えないでしょう。

大学受験してたころっていえば、うわ、ちょうど10年前だ。

高校で演劇部やってた神保は、大学で演劇サークルに入ってまた芝居をやりたいという一心で、受験勉強してました。
結局、大学でサークルには入らないで、よそに行っちゃったんですけどね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

折れた傘
こちらは金曜、土曜と、雨でした。
強風で傘の骨がひん曲がっちゃった。
まだ比較的新しい傘。
うまくやればある程度は元に戻るかと、曲がったところを手で逆に曲げたらポキっと折れちゃった。
はあ…。
昨日は道端に傘の死骸がぽつりぽつり転がってましたね。南無三。
神保は遺棄しませんでしたが。

さて、今日はうっかりメガネの上に座ってしまった。
「ぬわ゛〜!!」
これまたひん曲がっちゃって、掛けたら、「俺は教授役のジェリー・ルイスかいっ!」ってくらいの間抜けな感じに仕上がりました(例えがわかりづらい?)。

「ええい、ままよ!!」とおっかなびっくり手で直したら、こちらはなんとなく元に戻ってくれて、ほっ。

コンタクトしてる時がほとんどなんですけどね。
家に帰ったら、手洗い、うがい、コンタクト洗浄のルーティーンです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ