ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

2008年09月

来月やる舞台の稽古が先週から少しずつ進んでいます。
稽古のない今日は、日本武道館にてシンディ・ローパーの生歌に浸ってきました。

ファンというほどではないけれど、昔からいくつか好きな曲があったシンディ・ローパー。
今回のコンサートのことを知りふと行きたくなった。行って良かった!

会場全体が静まり返って"Time After Time"に聴き入り、
"Girls Just Want to Have Fun"で大いに盛り上がった!
そして僕が特に好きな"True Colors"。
メロディと歌声が心に染み入り、歌詩が魂に深く響いた。

ああ、いい夜だった。今日からファンになりました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ひょんな縁から、高橋ヒロキさんというマジシャンのライブを観に行きました。
生でマジックショーを観るのは初めて。

それがなんと観客の中から指名されて、マジックのお手伝いをすることに。
ステージに上げられ、ちょっとした自己紹介の中で何か特技はありますかと聞かれ、なぜか咄嗟に「早口言葉」と答えてしまい、当然、じゃあやってもらえますかという流れになり、こちらとしても言ってしまった手前やるしかなく、100人超の客前で「生麦生米生卵」「隣の竹垣に竹立て掛けた」とやって拍手を頂戴するという、何とも稀有な体験をしたのでした。
いままで「特技は?」と聞かれて「早口言葉」なんて答えたことなかったのに。

あ、肝心のマジックは、僕の手に乗せられたトランプ10枚のうち3枚が、触れてもいないのにいつの間にか、別の方が持っているトランプ10枚の中に混じっている! というものでした。
ずっと手のひらの上に持ってたのに。
不思議でした。びっくりした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

定期健診で歯医者さんに行ってきました。
半年に1回、行くようにしています。
周りの友だちとかに聞いたら、特に問題がない限り歯医者には行かない、って人、多いみたいですね。

幼い頃から、虫歯というのはとにかく痛くて辛いものだから絶対にならない方がいい、と、当たり前っちゃあ当たり前のことを言われて育ったきたお蔭で、虫歯になったことがないです。
これまでで唯一味わった歯痛は、親知らずを抜いたとき。
抜いた後しばらくして頬が出っ張って輪郭が変わるくらい腫れちゃいまして。
その時たまたま坊主頭に近い髪型だったため、「お前はクレヨンしんちゃんか」と突っ込まれてました。

最近は、自分の歯磨きの判定までしてくれるんですね。磨き残しの部分が40%以下ってことで、まあまあらしいです。
歯磨き
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

気象学的には秋ということになるらしいですし、先週には夏も終わりかと感じてもいましたが、まだのようです。
太陽が容赦なく照りつける中、蝉はその残り僅かな夏の命を燃焼し尽くすが如くミンミン鳴いています。

そして、にわか雨と雷も。
片や水不足の地域もあるようですが、ほぼ毎日といっていいくらい大雨が降っているような気がします。
遠くの黒い空に走る閃光が見慣れたものになりました。
何かのメッセージなのかもしれません。
私達への諌めの豪雨なのか、それとも悲嘆に暮れる涙なのか。

まだまだ鞄には折り畳み傘を忍ばせておかないと。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ