ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

2008年07月

東京国立博物館で「対決 巨匠たちの日本美術」。
運慶、快慶、雪舟、狩野永徳、などなど、日本史の授業で覚えたあの人やこの人たちの作品、その実物が目の前にずらり。

そんな中でも僕は曽我蕭白の作品は強烈な個性があって好みでした。写楽の役者絵が何点も見られたのも嬉しい。

でもね、作品のほとんどは(これが美術館じゃなくて博物館の展示だからなのか)、ショーケースの中に展示されていて、これがなければもっと凄い体験になったんじゃないかと思ったのですよ。
ガラス一枚隔てることでライヴ感がやや失われてしまっているような。

蕭白の作品に惹かれたのも、ショーケースを突き破ってくるような強さがあったからだったけど、でも、そういう作風と、例えばシンプルな表現や微細な表現に拘ったような作品がショーケースの中に並んだら、後者の方が不利にならないかなという気もして(「対決」展だし)。

とはいっても百聞は一見に然りで見てみなきゃわからないですね。
博物館敷地内
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

FNS27時間テレビ。
生放送であるが故のやばい時もあったけど、それ以上にとんでもなく面白い瞬間が何度も生まれていた。
27時間を笑いのみで突っ走りきったさんまさんがとにかくすごかった。バラエティーでありながらドキュメンタリーにもなっていた。

それに加えて、紳助さん、大竹しのぶさん、タモリさん、ダウンタウンとの絡みが次々実現するなんて。
その中でもやはり、たけしさんと一緒になった時の化学反応の破壊的な面白さたるや! ベタもトークも暴走も(さぞかしクレームが多かったことだろう)。
ギリギリのひょうきん族世代にとって、あのお笑いが久々に炸裂しているのを見られたのは、もう、最高だった。

いや〜すごかったです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

「アクターズ・スタジオ・インタビュー」ダイアナ・ロスの回を見た。

小学生のとき(当時はオーストラリアで暮らしていた)、母親に連れられてダイアナ・ロスのコンサートに行った。

四方からの囲み舞台でステージとの距離が近く客席との一体感があった(ダイアナ・ロスの人柄によるところが大きいだろう)。
ダイアナ・ロスは衣裳を何度か早替えして(どれもゴージャス)、とても魅力的でエネルギッシュなパフォーマンスだったのを覚えている。
いまネットで調べたら僕が観たのは1989年10月の公演だった(神保は当時9歳)。

テレビの中のダイアナ・ロスは変わらず魅力的で、歌声もすごく綺麗なままだった。
番組を見ていて、歌詞をとても大切にしているんだと思った。歌詞の中の感情やストーリーやメッセージを客席にちゃんと伝えるようにして歌っているように見えたのだ(聴こえた)。

好きな曲で真っ先に思いつくのはやっぱり"Ain't No Mountain High Enough"。
19年前に観たコンサートでもこの曲で盛り上がりはピークに達していた。
しかしけっこう覚えているもんだなあ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

梅雨が明けて猛暑の季節、素麺を食べたい季節になった。ていうかもうすでに一度食べた。

春や秋、ましてや冬(むしろにゅうめんの方がいい)にはあまり欲しない食べ物だからこそ、いま食べなくていつ食べるというのだ、てな感じで、今後も頻繁に作ると思う(すぐ作れるし)。

そういえば、いままでの人生で一度も流し素麺というのを経験(?)したことがない。
どこかで食えるものなのだろうかとちょっとネットで調べたが、やんぬるかな(使い方ちょっと間違ってるか)、身近にはないようだ。
確かに夏の行楽地とかでもない限り、さほど儲かる商売ではなさそうな気がする。

しかし暑くなってきましたね。
でもまだクーラーの世話にはならぬ。できることなら使わずに我慢してやり過ごしてしまいたい。まあ無理だろうけど。

省エネだエコだと問題意識と平均気温が高まる昨今、見上げた心掛けだと褒めてもらっても構わないが、なんのことはない、電気代をケチっているだけである。

昨夏は舞台公演中で自宅にいる時間がほとんどなく、言ってみれば自分以外の誰かが負担してくれている冷房の中でぬくぬくと、いや、ひやひやと過ごしていられたため(その代わりと言っちゃ何だか舞台上では暑かった)、猛暑のわりに電気代はあまりかからなかった。

あでも、冷房で喉の調子がやばくなったりすることがあるから旅先のホテルでもそんなに使ってなかった気もする。で寝苦しかったような記憶がある。

まあ、クーラーなんて使わずに何とかなりそうなら使わない方がいいですよ。
この先そういう風潮になっていくと思うし。
暑さに負けてだらだらとした文章になってしまいました。あいすみません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

KKクリスピー・クリーム。
話には聞いていたけど、店は初めて見た(日本には現在6店舗しかないらしい)。
この時は35分待ちだった。
そんなに美味いのか。
食べてみたいけど、そんなに並ぶのもなあ。
自分の、行列に並ぶ優先順位の中で、お菓子や軽食というのは残念ながら下の方になってしまうので。
いや、甘いもの好きなのよ。でもそのために並ぶのかつったら並べないのですわ、これが。
まあ、いつか食べようと思います(並ばなくても買えるチャンスが来たら)。

映画『告発のとき』を観る。
イラク帰還兵のPTSD(心的外傷後ストレス障害)を題材にしたいい作品でした。
繊細で抑制の効いた演出、演技、描いているテーマの割に押し付けがましくないのもよかった。

そういや先月芝居で演じた役は、「PTSD」という単語を間違って覚えてしまっているヤツだった。
だから映画館へ足を運んでしまったのだろうか(しつこいかこのネタ)。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

SCARFACE某家電量販店で『スカーフェイス』DVDを見つけて、購入(といっても、貯まっていたポイントを使ったからお金払ってないけど)。
久しぶりに観たくなって。
今や内容もうろ覚えだし。

僕にとって、既に観たことのある映画のDVDを買うポイントは(面白かったというのはモチロンだが)、特典映像。
「DVDの特典なんぞ一回観たらそれきりよ」という向きもあろうが、神保は繰り返し観る方なのだ。
本編をじっくり観るほどのエネルギー(或いは時間)がない時なんか、とりあえず特典で済ませている。

てな感じで衝動買いしてしまったが、考えてみればうちには、稽古と公演に明け暮れたこのひと月半の間に撮り溜めた(主にBSでやってる映画とかだが)ビデオが山積しているのだった。
結構な量になっちまっていて、1日に数本片付ける(という言い方もなんだか失礼だが)くらいのペースでいかねば溜まる一方だろう。
まあでもいいか(いいのか)。まずはこのDVD観よ。

そういや先月芝居で演じた役も、顔に傷持つ"Scarface"だったんだ。
だから店でふと手にとってしまったのだろうか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

6月が終わり、2008年も後半戦に突入しますね。早いもんだ。

てなわけで、25日に楽日を迎えた『Root Beers』を振り返ってみたいと思います。
ストーリー云々は観劇してくださったお客さんがブログなどで書いてくれているので割愛。

蔵助
KAKUTAホームページ内の「Root Beers稽古場日記」をチェックしてくださった方もいると思いますが、あの日記ではある時を境に一部の役者たちが掲載写真に登場しなくなったことにお気づきでしたか。
僕もそのひとりでしたが、べつに村八分にされたのではなくネタバレ防止のため。役柄に合わせて髪形など変えたからでした。
で、僕の役はこんな外見。
蔵助芝居をご覧にならなかった方もこの見た目でなんとなくわかるとは思いますが、山田蔵助というヤクザ。青山勝さん演じる主人公の舎弟のひとり。
髪にパーマをあてて、顔には特殊メイク用ワックスで傷を作る(汗をかくとだんだんとれてしまうのがやっかいだった)。
そして写真の服装はすべて自前。
普段着ているものでも組み合わせ如何でけっこう様になることに自分でびっくり。ついでに意外と強面に見えることにもちとびっくり。

再演
本作品は2004年に初演されたものの、改訂版再演。
再演からの初参加という経験はこれまでも何度かあり新作とは作り方が違ってうんぬんかんぬん、というのは別の芝居の時にも書いた気がするのだが、今回は初演を踏襲していくような感じの稽古ではなかったので(僕は初演を知らないし)新作のような感覚でやれた。
それに、役者が変わったことでキャラクター設定などが僕にあてて書き換えられた。初演を知らないので比較はできないけれど、うれしい。
いやでもホントいつかは初演にも出ている芝居の再演というのをやってみたい。もはや密かな夢になりつつあります。

初演の蔵助はKAKUTA劇団員の横山真二さんが演じたが、再演は別の仕事と時期が重なってしまって出られなかったのだ。
僕が以前、別のKAKUTA公演で拝見したシンさんこと横山さんはすごく面白くて、初演と比較されるプレッシャーは少なからずあったし、シンさん自身再演ができなくて悔しそうだった。
今回はこういう形になったけど(そのお蔭で僕が参加できたのだが)いつか共演したいです。

外国語
『Root Beers』はLAのコリアンモーテルが舞台で、日本語に加えて韓国語、英語が飛び交う(字幕的なものはなし)。
韓国人を演じる役者さんたちは指導を受け、かなり特訓していた。
カオ&リョウスケ写真は相手役だった韓国人・ヒバリ役の大枝佳織さん。舞台上で接している時は日本人の感じがしなかったのがすごい。
あ、そういえば蔵助もちょっとだけ韓国語喋ったんだった(片言レベルでOKな設定で)。

で、英語の台詞は不精自分が監修(というほどのものでもないけど)させてもらいました。
あと、開演前にはニュース番組の形式で、携帯電話の電源は切って下さいなどの場内アナウンスを舞台上のテレビで流したのだが、その英語で喋ってる声も神保でした。

KAKUTA漢祭り
最近、自分の中で劇団という形態自体にあまり良いイメージが持てなくなっていた。
そこへ、今回KAKUTAに参加させてもらい、劇団っていいなと思った。ホント素敵な劇団です。
劇団外のスタッフの方々や客演の方たちもみんないい人たちで、やっぱりいいところに集まってくるものです。
今回見逃した方も、次回公演が9月末にあります。神保は出ませんがおすすめします。

でもって今回は、「漢(オトコ)祭り」と銘打っての公演でした。
といっても「よーし、ここはひとつ漢を見せちゃるけん!」みたいになってたわけではなく、むしろ自分なぞ、"漢"と書いてあったら迷わず"カン"と読む、というくらい漢とはほど遠いところで生きてきた感さえあるわけで、どうなるのかなと思っていたけど、戯曲・演出・共演者のみなさんの力を借りて、まあ何とか自分なりの漢の部分を見つけられたみたいです(人によっていろいろな"漢"があるということは芝居でも描かれていたし)。
せっかくだから(?)普段の自分ももう少し漢レベルを上げていこうかな、と思っとります(こういうこと書いてる時点で間違ってるわな)。

今回の現場で僕は下の名前の"良介"で呼ばれていた。
劇団ワークショップに参加した時に「あだ名もしくは下の名前で呼び合う」ということで、普段下の名前で呼ばれないくせになんとなく下の名前にしてしまったのだ。
これが新鮮だったし、あだ名よりも親密な感じがしてみんなと打ち解けやすくしてくれた。
そして前々回書いた、誕生日の出来事は忘れられない。
上の、佳織さんとの写真で僕が着ているピンクのTシャツ(劇場ロビーで売っていたオリジナルTシャツ)と被っている帽子はその時にいただいたプレゼント。

大入り袋&おまけCDKAKUTAに初参加させてもらって、ここでは「自分達が真剣に、楽しんで、周りにも真剣に、楽しんでもらう」とでもいえばいいのか、そういう感じでやっているように感じた。
芝居はもちろん、「おまけCD」(チケット先行予約のお客さんにのみ配布される)など随所にそれは表れていて。それにすごく刺激を受けました。

出会いはいろんな巡り合わせで起こるものだけど、『Root Beers』再演まで辿り着けたこの巡り合わせに感謝。
また会いましょう。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ