ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

2007年08月

いや〜、思い返せば返すほど、いいカンパニーだったなあ。是非またいつかみんなと一緒にやりたいです。
初演から続投の方が多い中、今回の再演に参加することができて、本当に良かった。


コメントを下さったみなさま、本当にありがとうございます。地方公演が始まってからは、ひとりひとりにお返事を書くことが出来ず、申し訳なく思っていましたが、でも、すべて読ませていただいていました。
応援ありがとうございます。とても励みになりました。
そして、それ以上の数の方々がこのブログにアクセスしてくださっていたわけで、嬉しいです。
劇場の外で、「ブログ見てます」と、声をかけていただいたこともありました。面と向かって言われると、なんだか気恥ずかしい。ありがとうございます。
これからも、たまに覗いてみてくださいね。


イズミティ21大ホールでは、客席を使った入退場の大半が、いちばん後方の扉を使うことになり、移動距離が更に伸びました。
ラスト、僕が出てきて第一声を発するところから見える景色は、こんな感じ。
ここからみんなのいる舞台の方へ走っていきます。
ジェイキス登場時の視点

で、これくらいまで近づいたところで、知らせを伝えるわけです。
ここも他の公演地に比べると舞台から遠かった。
ジェイキス停止位置の視点


劇中で食べていたパンは、公演地ごとにそれぞれの良さがありましたが、個人的に好きだったのは大阪のかな。それ単体でも食べやすいのと、ほんのり甘さがあるところが。

舞台から見たシアターコクーン客席。木の根元に見えるのが、二幕一場で僕が摘んでいたキノコ。<東京>
キノコ


人気者だった、坂本メイ嬢。ごくろうさまでした。<東京>
坂本メイ嬢


森に暮らす貴族。この格好は暑かったなあ。<仙台>
貴族


ジェイキス。この髪型ともお別れかぁ。
口髭は終演後に楽屋で剃っちゃいました。<静岡>
ジェイキス2ジェイキス1

森へ攻め寄せていたフレデリック公爵が改心し隠遁したという、唐突といえば唐突な知らせを伝える役割でした。
長兄オリヴァーの突然の改心といい、“ご都合主義な展開”で片付けてしまえばそれまでですが、稽古の途中で、これにはひょっとしたら、「生まれつき悪い人間などいないはずだ、どんな悪人でも悔い改め、やり直すことができる」という作者の思いが籠められているのかもしれないと思うようになりました。
せめてお芝居の中では、そういうことが起きてもいいじゃないか、人間を信じてもいいじゃないかという、シェイクスピアの、祈りにも似た願望が。


もしこの芝居がみなさんのお気に召し、記憶の片隅で生き続けるならば、このカンパニーの一員だった者として、こんなに嬉しいことはありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

と、いうわけで、とうとう終わってしまいました。
これまで自分の生活の中心であった作品が終わりを迎え、ずっと一緒にやってきたみんなに別れを告げる。
何度経験しても、喜びと寂しさが同居した、何とも言えない気持ちになります。

今日のラストでは、ジェイキス役としての喜びと、千穐楽を迎えられた喜びとが一緒になりました。そこへお客さんの喜びも加わって、会場全体が喜びに満ち溢れているように感じられました。

カーテンコールでは、スタッフのみなさんから我々役者たちへのプレゼント、花火が降ってきました! きれいだったな〜。ありがとうございました!

各公演地での千穐楽カーテンコールでは、オリジナルのGoin' Out Westが流れました。
東京公演の楽日では嬉しいサプライズでした。地方公演になってからは、これを聴くと、「よっしゃー!! 終わったー!」と、気持ちが高揚しました。
そして今日、この曲が聴こえてきたときには、自然に笑みがこぼれてました。

振り返れば、様々な出来事が次々によみがえり、思いが溢れ、なかなかうまくまとめられません。
この幸福な気持ちを抱いたまま、眠ることにします。

仙台大入袋
    このエントリーをはてなブックマークに追加

『お気に召すまま』は今日、全51ステージ公演の幕を閉じました!!
とってもいい気分です!

いや〜、笑顔で終われて本当に良かったぁ。
客席ダッシュも全ステージ、一度も転ばずに済んで良かったぁ。

この作品に参加できたことを誇りに思います。

みなさんどうもありがとう!

また帰ったら書きます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

第一部の終わり頃のシーンで微かに、ドーンドーンという音が聞こえてくる。
近くで花火大会をやっていたのだ。
休憩時間に表に出たら、ちらっとだけ見ることができた。今夏初めての花火だった。

と、いうわけで!
とうとう残り1ステージ!
終わってしまうのは嬉しくもあり、寂しくもあり。

こちらも素敵な花火を打ち上げてみせます!

明日も頑張ろう!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

さあ、仙台公演の幕が開きました!

長かった公演の日々もあとほんのわずか。
いまとなってはシアターコクーンでやっていた頃が遠い昔に思えます。

恒例の(?)劇中でのパン報告、仙台では平ぺったくて軽いものになりました。おいしいです。

客席での芝居については…また次にでも書きます。

初日の今日、客席で転ばないように気をつけていたのに、カーテンコールでお辞儀をして、舞台奥へ去ろうと振り向いた時に、なぜか足が滑ってこけました。
起伏が全くないところだったのに。恥ずかしい。

では明日も張り切らさせていただきます!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ