ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

2007年07月

東京公演全30ステージ、無事終えることが出来ました。
ご来場下さったみなさん、応援してくださったみなさん、どうもありがとうございました。
まずはひと区切りついたわけですが、まだまだこれから。
この30ステージの間に自分の芝居はだいぶ変化しました。
8月も、更なる発展を目指し、張り切ってやっていきます。

まずは大阪でご覧になる予定の皆様、どうぞお楽しみに。

今回の公演プログラムで、『劇場や稽古場で愛着のある場所は?』という質問に答えているが、この一ヶ月間では間違いなくここがそうだった。
センター下手寄りの客席通路D列。僕が演技をしていた場所。
ダッと走ってきてこの位置に立ち止まるため、手前で止まったり通り過ぎたりせぬよう、頭の中で『1、2、3、4、5ストップ!』と段数を数えていた。
劇場が変わったらどうなるのだろう。
まあ、その都度考えるか。
客席大入袋
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日で全公演の中日を過ぎた。まだまだ続くよ。

来たる29日(日)は参院選投票日だが、東京公演の楽日でもあり、そしてBS-hiでは蜷川幸雄特集の一環として『間違いの喜劇』を放送する日でもある。

東京公演が終われば、大阪に行くまでの間、数日休めるのが嬉しい。
投票は僕は既に済ませた。
『間違いの喜劇』では、小栗旬くん演じるアンティフォラスを取り押さえようとして、舞台から蹴落とされていた。

そんなわけで、29日はいろいろ盛りだくさんな日である。

サントリーDAKARAのオマケとして付いている「ピグリンの回転舞踏会」。
バレエのポーズをとったピグリンが、磁石でくるくる回るようになっている。
差し入れとしてうちの楽屋のみんなが頂いたのだが、僕がそれで事あるごとに楽しそうに遊んでいるのを見て、みんながオマケをくれた。お陰さまで全6種類揃って僕の鏡前に並んでいる。
ピグリン
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今週(休演日から休演日までの1週間のこと)は、1日2回公演の日が3度あり、ここらへんが東京公演における正念場となっている。
オープニングの入場、公演が始まった頃は「よし!」と軽く気合いを入れて走り出していた我々(上手サイド)。
それが今や、「うっしゃぁぁいぇぁぁぁぁ!」みたいな声を上げて駆け込んでいる。
まあ、それくらいやらないと入っていけないということで。
扉付近の席のお客様は、こちらが入場する前に、その掛け声で一体何事かと振り返っているような気がする。

毎日、開場前、みんなで劇中歌の練習をする。
ある時間帯になるとなんとなく舞台上に集まり、歌を合わせておくのだ。
先日もいつものように集まると、小姓役の子たちも客席で歌の練習をしていた。
芝居をご覧になった方にはお分かりいただけると思うが、小姓たちは2人だけで見事にハモり綺麗な歌声を聞かせてくれる。
歌い終わると、そこここでウォームアップしていた役者たちみんなが拍手。
そのノリで、じゃあ我々も同じ小姓の歌を歌ってみよう、と歌ったら、周りから「きたない歌にするな」と野次られた。
いろんなことがあって実に楽しい現場だ。

明日も精一杯務めます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、東京公演の中日。
稽古期間も含めたら、この作品と付き合い始めてひと月半くらいになるのか。

そして今日は休み明けの一発目。
傍から見たらどうかはわからないが、僕個人の感触としては、ここに来て再び新鮮な気持ちでこの芝居と、役と、向き合えそうな気がした。
まだまだ先にいけそうだし、いかなければならない。

しかしまあ、舞台も暑いが、客席も熱い。
その熱気に負けずにやっていきたいものである。

ところで、公式ブログで見られる舞台写真のうち、4枚目の右端に写っているのが神保です。
「あれ、自分てこんなだっけ?」とよく考えてみたら、写真は舞台稽古時のもので、本番では衣裳も付け髭もちょっとだけ変更されたのでした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

台風接近のためだろう、日曜なのに渋谷は人が少なかった。
劇場にも空席がちらほら目立った(遅れて入場してきたお客さんもいたけど)。
台風の影響で来られなかったのかな、残念だったろうな。

写真は14日の昼公演終了後、主演カップルがみんなに差し入れしてくれた引き出物ならぬ、お弁当。

弁当1弁当2
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ