ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

2007年04月

今週は、三人芝居の翻訳劇を2本観た。
とはいっても、この条件で狙って観劇したわけではなく、後になって(というかこれを書き始めてみて)共通項があったことに気づいた。まあ狙ってもなかなかこの縛りでの連続観劇は難しいだろうけど。

フランスのウージェーヌ・イヨネスコ作『授業』(東京乾電池)と、
イギリスのシャン・カーン作『CLEANSKINS』(新国立劇場)。

で、結論から言うと、どっちの芝居も凄くよかった。
いい戯曲だし(『授業』は不条理劇の名作と呼ばれている)、翻訳劇臭さがほとんど感じられなかったし、少人数ならではの濃密な空気をたっぷり味わうことができた。
どちらもまだ公演中なので詳しいことは書かないけれど、面白い作品だった。

あ、そういえば自分が夏にやる芝居も翻訳劇なんだった。
でも、シェイクスピアとなると、翻訳劇は翻訳劇だけども、たくさんの修飾に溢れたレトリックを使うこととか、一度喋りだすとしばらく喋り続けてるような人がよくいるとかの特色の方が強いから、翻訳劇をやる、というよりもシェイクスピア作品をやる、という意識の方が強くなるのかもしれない。

そういえば、大型連休が始まるんですね。
僕にはほとんど関係ないんですけども、お休みになる皆さんにとって素敵な連休になりますよう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

稽古開始までまだひと月ちょっとあるが、台詞を入れて(=覚えること)いる。自分が喋る予定の台詞はもちろん、喋らないであろう台詞も。
正直、僕はいままで台詞覚えで苦労したことはあまりなく、どちらかといえば得意な部類に入るようだ。

基本的には何度も喋って覚えていくのが僕のやり方だ。頭の中で反芻するよりは、小声でいいからとにかく口に出してみるのがいい。
なので、外を歩いているときなども台詞をぶつぶつつぶやいていることが多い。もちろんなるべく小声で。感情を籠めながらの方が良いので、多少なりとも籠める。となると自然とそれが表情にも出てしまう。
“妙にドラマチックな表情を浮かべながら何かしらをつぶやき歩く男”
これはちょっと怪しい奴である。

電車内でもやることがある。さすがに無声にするものの、口を動かすことはしている。冬場であれば上着の襟やマフラーで口元を隠すこともできるからあまり目立たないが、それ以外の季節では、“電車内で妙にドラマチックな表情を浮かべながら口を動かす男”になる。やはり怪しい。

と書いていて、マスクをするという手があるな、と思いついた。鼻から顎まで覆うタイプのものならモゴモゴやってても、多少表情がついてしまっていてもわからないだろう。今度やってみようか。

そんないうわけで、もしあなたが何かぶつぶつやっている人を見かけたら耳を澄ましてみてください。ひょっとしたらその人は台詞を入れようと励んでいる役者かもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

選挙カーがうるさい。
選挙運動することは全く悪いことではないのだけれど、人の迷惑になっちゃあいけないんじゃないのか。しかも、わざわざ閑静な住宅街にまで来て大音量で喋らなくともいいのではないか。

選挙カーのうるささ(音量の大きさ)も候補者によってまちまちだが、毎日のように、あまりにでかい音量で候補者の名前を連呼し続けられると、こいつだけには絶対投票しないぞ、という気にもなるというものだ。ついに今日は、その音量の大きな候補者陣営がうちにまで電話してきて、よろしくお願いします、ときた。
何か、やる気の出し方を間違えてはいないだろうか。

候補者本人には直接的な責任はないだろうが、選挙カー担当者(?)のセンスが悪ければ、どんなにその志が真っ当であってもマイナスイメージに繋がるのだ。
でもその担当者を選んだのは誰々で、その誰々を選んだのは……と、もとを辿れば候補者にも責任があるということにもなるかもしれない。

役者をやっていると、個々のセンスの重要性について否応無しに考えされられることは多々あるが、クリエイティヴなことに限らずどんな物事においても、その人のセンスが実は結果を左右する大きな要因であるということを、自覚していない人が多いのかな。

と、偉そうなことをブログに書くのにも、ある意味僕のセンスが問われることになるわけだが。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

寒い。他の土地も大差ないのかもしれないが、少なくとも首都圏とその付近は寒い。
いまだに1月と同じ服装をしているのは単に自分が寒がりなだけかもしれないが、でもやはり肌寒いんだから仕方ない。

もう過ぎたことなので書くが、2週間ほど前にインフルエンザにかかっていた。
寒気がしたと思ったら、あっという間に39℃を超える熱を出したので、まさかそんなはずはと思いながらも、病院で検査してもらったら、そうだった。

「いやでもあの、昨年末に予防注射を打ってるんですけど……」

「ああ、注射を打ったからといって絶対かからないというわけではないんですよ」

いや、そりゃそうかもしれないが、こっちにしてみれば、こんな辛い思いをしたくないからわざわざ金を払って腕に針を刺されにいったわけで(注射された腕がだるくなるのだということを覚えていれば利き腕ではない方に打ってもらったのにすっかり忘れていたというエピソードもあった)、すっかり意気消沈してしまった。まあ、高熱出してる時点で意気はほとんど失っていたが。

日々手洗いをしてうがいをして注射まで打ったのに、それでも寝込んだ。他にどんな手立てがあるというのだ。最終的には気を張ってるかどうか、みたいな精神論にいくしかないような気もするが、結局は運かな。

とにかく今は元気なので良しとしよう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

7月から上演される『お気に召すまま』、もう先行発売などでのチケット争奪戦が繰り広げられているらしい。ありがとうございます、ご苦労様です。

自分も、以前はよく前売り開始日の早朝からプレイガイド前に並んだものだ(と書くと、何だか年寄りの回顧録みたいだが)。
週末だってのに早起きして、眠い目を擦りつつ赴いたそこには、既に数人の人が列を成している。
「あ、あんたら一体何時からそこにいるんだ?」と聞いてみたい気持ちを抑え、待つこと数時間。やたらと伸びていく列の長さに、人気アーティストのコンサートチケット発売日と重なっていることを知って焦る。
「違うんだ、そっちは東京ドームだからいいけど、こっちはそれとは比べものにならんほどキャパの小さいところのチケットが欲しいんだ。もう、なぜ全員一緒くたに並ばなきゃならないんだ?」
そしてようやく開店。前の人が席が気に食わないとかでなかなか購入を決めないのを後ろからやきもきしながら見守り、そろそろ自分の購入の番、となったとき、「何々のチケットは全公演完売となりました」。
かくして、この、何とも言えぬやりきれなさを抱え、列に並んで秘かに同じ公演を狙っていたであろう同士達に連帯の挨拶を送りつつ、帰路につくことになるのである。

最近はインターネットでの購入という選択肢も増えて楽になっているのかと思ったら、楽になった分だけ購入希望者が増え、同時にネットオークションも普及して転売業の人も増え(やめましょうよそういうことは)、相変わらず人気公演のチケットを手に入れるのは大変なようである。

そういえば、なぜ僕は最近プレイガイドに並ばないんだろう、と考えた。そうしなければ手に入らないようなものは諦めているのだ。
どうしてもチェックしておきたい芝居などは、DM登録しておいて先行発売を利用するが、あとは縁がなかったと思って見送るようになった。
先の予定がなかなか立ちにくい役者業をやっているということも関係している。
たまに、「この日は確実に仕事も何もないだろう!」(何だか切ない確信ではあるが)、と思って賭けでチケットをとってしまうこともある。一年に一度くらいはその賭けに負けている。
それでもそこそこ長くやっているだけあって、演劇関係者の知人・友人も増えてきたため、完売御礼を出している芝居のチケットもとってもらえることもある。そこは功罪か。

兎にも角にも私達としては、劇場に足を運んで下さるお客様の、チケットをとるためにした苦労なんぞ吹き飛んでしまうような舞台にするべく、励むのみなのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このブログはパソコンから投稿して、パソコンでチェックしている。そのため、いままで一度も携帯電話から見たことがなかった。
そういえばどういう風に見えているのかな、と今さらながらに思い、初めて携帯からアクセスしてみる。ほおなるほど、こんな感じになっているのね。

PC版の背景は濃い目の赤色なので、緑色をバックに自分の文章が載っているのが新鮮に感じる。
携帯の小さい画面からだと、僕の、よく言えば読み応えのある、悪く言えばやたら長い文章が、余計長く、しかもちょっと見づらく感じてしまう(すみませんです)。
それと、PC版ではサイドバーに写真つきのプロフィールと今後の予定を載せているのだが、それが携帯版では出ないということも初めて知った。

とどのつまりはこのブログ、PCから見るのと携帯から見るのとでは印象がだいぶん違うのだろうということがわかった。
携帯からアクセスして下さっている方、もし機会がありましたらPCからも見てみて下さい。
この機会に、携帯版では見られない今後の予定をここに書いておきます(プロフィールはまあ、載せなくてもいいですよね)。

『タンゴ・冬の終わりに』 OA
5月17日(木)13:10〜15:57 WOWOW

『お気に召すまま』 出演
7月5日〜29日 Bunkamuraシアターコクーン
8月3日〜12日 シアター・ドラマシティ
8月17日〜19日 静岡市民文化会館 大ホール
8月24日〜26日 イズミティ21 大ホール
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

グレゴリー・コルベール作品展『ashes and snow』。
新聞に載っていた広告を見て興味が湧き、観に行くことにした。
平日だからそんなことはないだろうと思いつつ、入場券のためにわざわざ並びたくないので、行きにコンビニで前売り入場券を購入。お台場へ。
駅を出てすぐ、コンテナをモチーフにデザインされた仮設美術館が目に入る。
おおあれか、と、鞄の中のチケットを取り出しながら近寄ると、入り口で係員の人が呼び込みをやっていた。

「本日に限り、当美術館は入場無料となっておりま〜す。どうぞお越し下さ〜い。」

「…………へ?」

別の係員の人も、

「本日は入場料無料で〜す。どうぞご覧になっていって下さ〜い。」

「……………。」
ただで入れた。
館内は空いていて、じっくりゆっくり作品を鑑賞することができた。
アンバーやセピアの世界の中に自然と動物と人間が共存している。その写真やスローモーションの映像。
この作品展のためにデザインされた美術館の空間と相まって、たゆたうような時間を過ごした。様々な考えやイメージが自分の中に去来した。
不思議な気持ちで美術館を後にする僕の背中で、小1時間ほど前に聞いたのと同じ声が響いた。

「当美術館は本日に限り入場料無料で〜す。どうぞお越し下さ〜い。」

…………ちぇ。

ノマディック美術館
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

高校演劇部時代の仲間たちと飲む。いやあ、よく笑った、笑わせた、笑われた(?)。
この連中との関係は自分にとって特殊で特別なものである。
普段、僕が連中に会うことは全くなく、年に1度か2度、何人かで集まるくらい。5年ぶりの再会とかになっても、そういう感覚は起きない。そのくらい濃密な数年間を一緒に過ごしてきたのかもしれない。
もう10年の付き合いになると聞いて、ちょっと驚いた。

仲間たちの中で、現在も演劇をやっているのは3、4人くらいで(あんまり沢山いてもそれはそれでどうかと思うが)、ほかは、それぞれの道を見つけて(或いは探して)いるが、会うたびに、みんな少しずつオトナになっていってるな、と感じる。
僕が基本的に一貫して同じことをやっているからかもしれない。
たとえば、受験→大学生活→その先の進路、というような節目があって、少しずつ何かが変わっていって、そして定まっていくのだろうけど、自分の場合は約10年前くらいから、まず演劇や演技することが中心にあって、その周辺にいま挙げたような諸々のことがあったために、気持ちの上での変化が起きたことがあまりない。
大学時代、周りが言っていることばの意味が理解できなくて、「『シュウカツ』って何?」と聞いてしまった。変な顔をされた。「就活」のことだった。
そんなわけで、やりたいことをやり続けて何となく今にまで至ってしまっているわけで、考えようによっちゃあ、実にわがままというか勝手というか、いい加減なものである。
もちろんそれなりの代償も払っているのだろうけども。

しかし熱しやすく醒めやすい自分が、まあよくもこれだけの間、おなじことを続けているものだと我ながら思う。
「下手の横好き」
「好きこそものの上手なり」
……後者の方がいいな。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ