ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

【出演】
「第二十九回 平家物語の夕べ」
6月29日 国立能楽堂
公演情報へ

『ザ・モニュメント 記念碑』再演、全10ステージ終了しました!

いまの気分は正直、やり遂げたとか達成感とかよりも、安堵です。
3人だけで準備、稽古、三都市での公演、怪我も病気もなく千穐楽を無事に終えられて、本当に良かった。

IMG_0375
↑ ひめゆりピースホールではこんな感じの設えで上演しました。会場に据え付けの後ろの棚を敢えて隠さずむきだし。ギャラリーで行う公演に近い感覚だったような。


今回の再演の企画、那覇公演をやるというのが、目を引いたところだったのではないでしょうか。
沖縄に外から演劇公演がやって来る、というのはあまりないそうです。
そんな那覇での2ステージ、やれてよかったです。やった甲斐はありました。

大阪とも東京ともちがう反応が来るだろうことは何となくは予想していましたが、上演して、沖縄のお客さんにとって戦争、軍隊、兵士による暴力というのは、決して他人事でないのだろうと演じながら感じられました。

この芝居は幕開け、神保が演じたステッコという元兵士が戦時中に自分達がした行為を長々と語るのですが、客席に対面して喋り始めてあまり時間が経たないうちから、お客さんからの嫌悪感や緊張感が自分(が演じている人物)へ向けられているのがわかりました。

東京でも大阪でもそういう空気はないことはないですが、那覇の上演でははっきりと、強く感じられました。
いまも身近に起き得る、起こっていることなのだということを終演後に教えてくれたお客さんもいました。

そんな緊張をはらんだ空気で始まったのですが、最後まで熱心に舞台を観て下さり、芝居のパワーを楽しんで下さり、この作品の描くテーマや問題提起をそれぞれに感じ取って頂けたようでした。

全ステージ終わってみて、もし那覇での公演がなかったなら、今回の再演の企画に対する自分の気持ちというか思うところは、だいぶ違っていたのではと思います。

那覇公演にも、たくさんの素敵な方々が力を貸してくださいました。
その方達が協力してくれたからこそ、実現できた公演でした。
ほんとうに、ありがとうございました。
観に来て下さった皆様も、ほんとうにありがとうございました。

沖縄は、神保は初めてだったんですが、ハードな公演でもありましたし、遊んだりはしなかったですし、見て回ることもできなかったですが、それでも温かい人たち、美味しい食べ物に触れ、空気や時間の流れを感じることができました。
今度、プライベートで訪れてのんびり過ごしたいと思ってます。

IMG_0366_sRGB
↑毎ステージのロウソクの準備は大体神保がやってました。

この戯曲は僕が見つけてきて、上演できないかと持ちかけて、翻訳したものですが、べつに、「この作品を通してこういうテーマを、メッセージを伝えたい」というような意識があったわけではなく、優れた手強い戯曲で、演じてみたい役があったから、という動機からのスタートでした。

ありがたいことに多くの人に観ていただけて、たくさんの感想を伺うことができました。
いろんな感想や意見を聞くことができましたが、うまく整理できないでいる、という印象の方が多かったように思えました。
この作品が、答えの出ない、でも、考えて、向き合わなければならないことを描いているからだと思います。
だから、「観終わった後、各人の中にうまく処理できない何かが残れば、この芝居はうまくいったということなんじゃないか」と考えるようになりました。
そして、この再演はうまくいったのではないかと思っています。

感想ツイートまとめ → ● 

この作品、まず初演がうまく実現したことがものすごい幸運の重なりでしたが、こういう形で再演がやれて、またまたものすごい幸運の上重ねをしてしまいました。
共演の西田夏奈子さん、演出の川口典成くんに感謝。この2人が神保の誘いに乗ってくれたからこそ、二度も面白い芝居が作れて、たくさんの得難い経験ができました。

IMG_0374

ありがとうございました!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ヒンドゥー五千回 最終公演  
『空観 (くうがん)』 

IMG_0383
IMG_0384

構成・演出:扇田拓也
出演:

中田春介 宮沢大地 中村シユン 森啓一朗(東京タンバリン) 伊東潤(東京乾電池) 森谷ふみ(ニッポンの河川) 岸野健太(てがみ座) 中台あきお 中澤聖子 東谷英人(DULL-COLORED POP) 大塚由祈子 菊池夏野 椎名茸ノ介 神保良介 関裕行 桃子 谷田奈生 宮本愛美 遊貴まひろ 久我真希人(ヒンドゥー五千回) 扇田拓也(ヒンドゥー五千回)


2018年4月25日(水)・26日(木) 座・高円寺2

25日(水) 19:30
26日(木) 13:00☆ / 17:00

☆26日昼はアフタートーク有
開場は開演の30分前、受付開始は開演の60分前

チケット〈全席自由〉
前売 4000円 当日 4200円 学生 2500円

チケット予約フォーム


チケッ予約開始 2018年2月20日(火) 10:00〜




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

『ザ・モニュメント 記念碑』東京公演が無事終わりました!

寒くて雪が凍結している道のりを我々の舞台を観るために足を運んでくださった皆様には本当に感謝です。
2014年の初演と同じ会場で、同じメンバーで上演して、うれしいことに前回以上に好評だったように思います。
動員数も初演を上回ることができました!
感想ツイートまとめ → ● 

IMG_1796

東京公演の舞台は前回と同じ設えでやりました。
やっぱりこの作品と合った空間だと演じていて感じました。

振り返ってみると、東京公演全6ステージの中で、西田夏奈子さんと神保の芝居は少しずつ変化してました。
演出からの指示で修正しているところもあるんですけど、生ものの舞台で、ましてや二人芝居なので、一方の出方が少し変化すると相手もそれを受けて変化して、作品も毎ステージ微細に変わっていたんじゃないかな(もちろん核となる部分はどうあっても変えませんが)。

大阪の初めての会場で新鮮に再演をスタートさせ、
初演で馴染んだ東京の会場で作品を更に充実させ、
そして最後の公演の地、那覇へ

今週末3日(土)、4日(日)にひめゆりピースホールにて公演を行います。
ありがたいことに先週金曜の「沖縄タイムズ」に情報を掲載して頂きました。
これから他の媒体でも取り上げて頂けそうです。
ひとりでも多くの方に観て頂きたい、そして感想を伺ってみたい舞台です。
ぜひ、お越し下さい。お待ちしています。

公演ページ→ themonument14.webnode.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ