ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

僕はけっこう節約家だ。いや、正確に言うと、いざというときお金を使えるよう、普段は出し惜しみしている。芝居を観るのはお金がかかるしね。

表で、ひとりで、昼ご飯、というときは、たいていコンビニで菓子パンを2つくらい買って、それで済ませていることが多い。
稽古場でもそうしていたら、「今日もパン?」「ホントにパンが好きなんだね」と言われ、「神保といえばパン、パンといえば神保」との評判を上げるまでに到ったが、菓子パンなのは好きだからというよりも、甘い物の方が手っ取り早くエネルギーになるから。

朝ごはん
だが、朝のシリアルは別。朝ご飯はシリアルのときが多いのだが、カルビーフルーツグラノーラに明治おいしい牛乳と決めている。
どちらも平均的なシリアルや牛乳の値段より高いものだが、この組み合わせだけはなぜか譲れない。だっておいしいんだもん。


ところで2年前から、芝居の稽古期間中に限って菓子パン生活をやめ、おにぎりを作っていくようになった。
稽古は通常約1ヶ月。毎日コンビニで昼ご飯を買うとけっこう馬鹿にならない金額になってしまうし、その間は、朝起きて昼から稽古で夜には帰る、という規則正しい生活になる。じゃあ毎朝お弁当を作っていこう、ということになったのである。
といっても、本当におにぎりだけ。なんのおかずもなし。しかも毎日。
なので、稽古が終盤に差し掛かる頃には、「さあお昼でも食べるか、って何だよ今日もおにぎりかよー!」とひとりボケツッコミを入れ始める。

おにぎりへの我慢が限界に達した頃に劇場に移り、公演が始まる。そうなると、おにぎりはおしまい。昼公演でも夜公演でも、コンビニや食料品街で何か買って食べる。
なぜ公演中にはお弁当を作らないのかというと、自分で作ったおにぎりには食欲が湧かないどころかもはや拒否反応を示すまでになっているということもあるが、それよりは気分的なものだと思う。
これからお客様の前で芝居をするのだから、手製のおにぎりとかじゃなくて、もっと景気よくいこうじゃないか! というやつだ。
まあ、それに加えて、舞台を観にいらした、いろいろな方々のお知り合いからの差し入れによって、いつにも増して充実する楽屋のケータリングを当てにしていなくもないんだけども。
ところで芝居の前の食事は、演る側のときも観る側のときも、按配が厄介だ。あまり食べてもよくないし、かといって食べないのも集中力が落ちてよくない。その日の体調や食欲も関係してくるし、難しい。たまに失敗しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

高校で演劇部に入り、演劇の世界に初めて触れた頃は、とにかくいろんな芝居を観たいし、特にプロの芝居が創られる現場がどういうものなのか、すごく興味があった。
可能な限り劇場に足を運んだし、テレビで劇場中継や稽古場の様子やインタビューなんかがちょっとでも放送されるとなると、録画して繰り返し見ていた。

その中で、1997年の『身毒丸』ロンドン公演を密着取材した番組を深夜に放送していたのをたまたま見た。その公演は藤原竜也くんのデビュー作で、「すごいな、こういう人といつか一緒の舞台に立てたらいいな」と思ったのを覚えている。でもそれはただの妄想のようなものだった。
その番組は1998年の凱旋公演の宣伝も兼ねていたのだが、僕はその公演は観ていない。
それから4年後の2002年、『身毒丸』の再々演に僕は出演した。

また、「80年代演劇大全集」という、当時の様々な舞台の映像記録とその創り手たちのインタビューを流す深夜番組があって、よく見ていた。
1986年上演版の『タンゴ・冬の終わりに』が取り上げられた回も見ている(その放送も確か1998年だったと思う)。
当時の僕には難解な作品で、芝居の細かいところは忘れてしまったが、冒頭の幻の観客たちのシーンは強く印象に残っていた。大勢の若者が一斉にスローモーションになることも、バックに『蛹化の女』が流れていたこともちゃんと覚えている。
2006年、国内では20年ぶりとなる再演、僕はそのシーンでの観客の一人を演じた。

台本
昔テレビで見た舞台に自分が出ているのは何だか妙な感じだった。
別に運命と呼べるほど大層なことでもなければ、「目標達成」でも「夢は叶う」でもない。当時はまだ演劇界に入りたいとも入れるとも思っていなかった。
とどのつまりは、不思議な巡り合わせによってたまたまそういうことになっただけで、こういうことってあるんだなあ、という僕なりの体験である。

演劇はやはり生で観るべきものであり、映像にした舞台作品はあくまで副次的なものだと僕は思っているが、それでも、かつての僕がそうだったように、映像で作品を初見する人にも強い印象を残すこともある。そんな形での出会いもあっていいのかもしれない。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

『ファミリー・タイズ』というアメリカのSitcom(シットコム)をご存知だろうか。本国で圧倒的な視聴率を獲得し、日本では80年代半ばごろテレビ東京系で放送されていた番組だ(いまでもケーブルチャンネルでは再放送しているらしい)。
子どもの頃(7、8歳くらいだったと思う)、大好きで毎週見ていたから、出演者たち、特にマイケル・J・フォックス(これが出世作となった)の演技には無意識のうちにかなり影響を受けたはずだ。

その『ファミリー・タイズ』がアメリカで遂にDVD発売された。しかも日本未放送のシーズン1。日本版の発売を待っていられないから早速米版を取り寄せた。Family Ties
見たら、やはりフォックスの間やタイミングのとり方、緩急や誇張の按配、役自身は真剣に悩んだり葛藤したりする行為を、リアルでもあり愉快でもある演技で見せるやり方など、改めて役者としての自分への影響の強さを実感した。

Sitcomといえば観客の笑い声がバックに聞こえるが、あれは観客の前でライヴで演じ、その笑い声も含めて収録するという形で作られているから。そのため、映像での作品なんだけど、そのリアリティや演技は舞台のそれに近い。舞台役者として、子どもの頃から良い教材に出会っていたといえる。
1話が約25分だから、ちょっとした時間で楽しめるし、参考にもなる。早く次シーズンも発売されないかな〜。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ