ちょっと待った!は通用しない 〜神保良介Blog〜

役者・神保が身のまわりのことやら自分に起こったことやら考えていることなどを書き綴った、その記録。

【出演・戯曲翻訳】
『ザ・モニュメント 記念碑』再演
18年1月20日〜21日 大阪/アプラたかいし 小ホール
18年1月25日〜28日 東京/プロト・シアター
18年2月3日〜4日 沖縄/ひめゆりピースホール

http://themonument14.webnode.jp/

【出演】
『空観』
18年4月25日・26日 座・高円寺2

と、いうわけで!

来年1月に『ザ・モニュメント 記念碑』を再演することになりました!

『ザ・モニュメント』がどういう公演だったかというのは、初演時に詳しい経緯を書いたのですが簡単にまとめると、


神保が何か難しい作品に挑戦したい

 ↓

日本未上演の二人芝居 The Monument (コリーン・ワグナー作、カナダ総督文学賞受賞作品)に出会う

 ↓

過去に何度も仕事した演出家の川口典成くんを誘い、相手役を女優の西田夏奈子さんにお願いする

 ↓

神保が戯曲を翻訳し、3人だけの自主公演で2014年に日本初演を果たす

 ↓

ありがたいことにたくさんの好評を得る


という芝居でした。

image
これが英語の戯曲本。amazonで買ったのでした。


上演して、手応えはあったし、もっとよくなる可能性も感じていたので、前回の公演が終わった時に「またやりたいね」とは言っていたのですが、何しろ3人だけでの公演、濃度の高い作品だったので棚上げになっていました。

そうこうしているうちに3年が過ぎ、ようやく動き出したというわけです。


再演にあたり新たな挑戦として、初演と同じ東京のプロト・シアターに加え、

大阪 アプラたかいし小ホール

沖縄 ひめゆりピースホール

での上演を行います!
これも、前回終わった時に「次は他の土地でもやりたいね」と話していたのですが、今回力を貸してくださる方々がいらして、実現できることになりました。



自分で見つけた戯曲だったし、自分の翻訳で上演許可を得ての自主企画で日本初演、役者としては初の二人芝居、しかも奇跡的に全てがうまく運んだという、とても思い入れの強い作品。
再演では更に上を目指して取り組みます。

ぜひ、観て頂きたい作品です。

チケット予約受付中!!
どうぞよろしくお願いします!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

『ザ・モニュメント 記念碑』

 

作:コリーン・ワグナー 翻訳:神保良介

演出:川口典成(ピーチャム・カンパニー)

出演:西田夏奈子 神保良介 

<大阪公演> 
2018年1月20日(土)〜21日(日) アプラたかいし 小ホール 
<東京公演> 
2018年1月25日(木)〜28日(日) プロト・シアター 
<那覇公演> 
2018年2月3日(土)〜4日(日) ひめゆりピースホール



<大阪公演>
1月20日(土)17:00
1月21日(日)14:00
●受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前

アプラたかいし 小ホール
※南海本線 高石駅より徒歩1分

チケット〈全席自由〉
前売・当日 2500円 / U25(25歳以下) 1000円

☆20日(土) ポストパフォーマンストークゲスト:福間良明(立命館大学産業社会学部教授)


<東京公演>
1月25日(木)19:30
1月26日(金)14:00 / 19:30
1月27日(土)14:00 / 19:00
1月28日(日)14:00
●受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前

プロト・シアター
※高田馬場駅より徒歩約13分 ・ 下落合駅より徒歩約7分

チケット〈全席自由〉
前売・当日 3000円 / 初日割(25日のみ) 2500円


<那覇公演>
2月3日(土)19:30
2月4日(日)15:00
●受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前

ひめゆりピースホール
※ゆいレール安里駅より徒歩約2分、栄町市場南口を入り突き当りの建物2階(1階は手作り餃子の店べんり屋玉玲瓏)

チケット〈全席自由〉
前売・当日 2500円 / U25(25歳以下) 1000円




≫≫ チケット予約フォーム≪≪


チケット予約受付開始 2017年11月3日(金)10:00〜


★☆公演情報ページをぜひご覧ください!☆★



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

「ドラゴンクエストⅪ」が楽しかった‼︎
発売日からどっぷり遊んでました。 

久しぶりのドラクエ、かつてのようにがむしゃらに先に進むよりもじっくり世界とストーリーを味わいたい余裕が自分の中に生じていて、「ああこれがオトナになったということか」とヘンなところでしみじみ。
旅の仲間とのエピソードはもちろん、町の人達のちょっとした言葉なんかにもグッと来たり、2011年の震災後の作品だということを感じさせられるところもあったり。

ファミコン世代の神保は「ドラクエ勝廾奮阿倭敢逎廛譽い靴討泙垢韻鼻△劼腓辰箸靴椴鯊絅轡蝓璽挫罅∈2鵑一番楽しませてもらったんじゃないかな(現在のゲーム達成度88%)。


↑ 忘れた頃に『子午線の祀り』オフショット(いえ今回特に写真がなかったもんで)。


この夏、ドラクエの他には、とある撮影で地方に行ってました。

恥ずかしながらいい歳して、これが実質的にはキャリア初の、本格的な映像での仕事でした。
だもんで、ロケバス移動、屋外ロケ、現場での待ち時間、虫除けスプレー、天候待ちといった、撮影現場での日常風景に密かにうきうきしてしまっていた、かなり遅れて来た新人なのでした。

でもそういうことを差し引いても、とても刺激的な現場だったのです。
だったのですけど、どんな作品かはいまはまだ明かせないわけでして。
勝手な予想では来年には観られるんじゃないかと思ってるんですが。

完成作品ではどのくらい出てるのかなあ。
あでも神保が出てようとなかろうと、これは注目作品です。請け合います。
なんだかよくわからないだろうけど乞うご期待!


↓『子午線の祀り』はBSプレミアムで10月1日深夜に放送予定です。お見逃しなく。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

このページのトップヘ